photo1
name
想いイラスト1
namesp
想いイラスト1

相手の目線で物事を考える!

私が営業活動において大切にしていることは、お客様が何を求めているのかをつかむことだと思います。そのためには、いろいろな視点から質問をしてみることです。そしてお客様の話をよく聞くことです。相手(お客様)と距離が近づくことで人間関係は円滑にすることが可能になります。
その結果、さまざまな方々から有益な情報や協力などを得られたり、又、困ったときには手を差し伸べていただけることもあるかもしれません。会話の中でお客様との世間話も重要です。その会話の中で意外なヒントがある場合があるからです。日頃から傾聴姿勢でお客様に関心を持ち、お客様に有益になる情報を提供していくことが大切です。

photo2

コミュニケーションの大切さ・・・

普段の人間関係に言えることですが、小手先だけのテクニックで相手を動かそうとしても短期的には良い場合もありますが長期的に続くものではありません。
コミュニケーション能力というと、これまでは、どちらかと言えば「伝える能力、説明能力」ばかりに比重がおかれてきました。

photo3

しかし、営業は、どうしても自分のことばかりを話そうとします。相手を知るためには聞くことから始まり、聞くためには質問をすることが大切です。 質問をすれば話をしてくれる可能性が広まり、話をしてくれれば新たな情報が入るかもしれません。もし情報が入れば相手のこと理解し、相手を理解できれば抱えている課題が見えてきます。営業の仕事とはサービスを売ることではなく、「お客様の立場で課題を解決すること」です。また、「お客様のために何かを」から「お客様と共に何かを」という姿勢を持つことも必要です。常に感謝する気持ちを持ち続け、行動することが、ビジネスでの営業のあり方を大きく変えていくのではないのでしょうか。

めがねくん
ページトップへ